人間ドックの結果がきました

20170228.jpg

この間うけた人間ドックの結果が返ってきました。
心配していた尿酸値や肝機能、婦人科検診などは特に問題ありませんでした。


そして予想していた体重・体脂肪率・・すでに計測した時点で結果が分かっており、検査中もずっとショックを受け続けていましたが、やっぱり数値として「ダメですよ」と言われるとさらにショックを受けました(;´・ω・)


それから、全く気にしていなかった「血清鉄」の箇所。私は平均値より多くてダメでした。
全然知らなかったので、調べてみたところ、少ないと貧血になりやすいのでダメとのこと。
多いと、内臓の病気を疑うことになるからダメとのことでした。
ただ、今回の検査結果で腹部エコーも取ってもらったり、他の血液検査の結果を見ても特に異常がなかったので、原因があまりよくわからないままでした。


友人に言うと、「血の気が多いんじゃない?」とのこと。
そんなにキレやすかったっけ・・(;´・ω・)自覚症状がないからなおさら怖いですね。


これからも気を付けたいと思います。健康第一!
なくなれ体脂肪!!ヤー!!!


こんなこと書いて2月が終わってしまった・・アハハ・・

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子どもと寝る時のクセ

20170227.jpg

子どもが赤ちゃんだったころ、一人で寝ない子でした。
抱っこして寝始めたので、布団に寝かせた途端、起きる。
昼寝の時間も数十分で起きる。
ベビーカーで泣き叫ぶ。


子連れでお出かけして、横にコロンと寝かせてママとおしゃべりする、そんなこと夢のまた夢でした(´・ω・`)


抱っこしたら永遠に寝る子だったので、常に子どもを抱っこして生活しているような感じでした。
寂しがりやだったのかなぁ。


あの頃、一緒に布団で寝る時は、足を温めたらよく寝るかなー、なんて思いから、よく子どもの足を握っていました。
もちろん全然効果なかったんですが、そのクセは今もまだ残っています。
ということに、最近気づきました(;´∀`)


今では足を握ったからというわけでもなく、よく眠るようになった子ども。
それでも一緒に寝る時は私の手の中に自分の足を滑り込ませてくるようになりました。
あまりに自然なことに、卒乳してよく寝るようになった1歳頃から今までそのことを忘れていました(;´Д`)


私も、寝る時に子どもの足を握らないと少し落ち着きません。
いつまで続くかなぁ(*´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

旦那さんのメンタルがやばい

20170224.jpg

私の旦那さん。
人見知りで、シャイで、コミュニケーション障害と思うくらいです。
メールではしゃべれるのに、対面ではてんでダメ。
友だちもおらず、人に会うのは年に数回(片手で数えられるくらい・マジです)。


そんな旦那さん、腹立つとどんどん人に物申してしまいます。
それが例え先輩でも、友だちでも、会社の同僚でも、関係ありません。相手の人にしたら、飼い犬に手を噛まれるくらいの衝撃があると思います。
ほんとにやめてほしい(+_+)


そんな旦那さん、会社の対人関係で今ものすごいストレスを感じていまして、
この度ついに同僚に思いックソキレてしまったそうです。


家に帰ってきて、スッキリしたような、でも若干焦点の合ってない目をした旦那さん。
うん、ダメだこれ。ダメだこりゃ。いかりや長介さんに、この場を〆てほしいくらい。
ひとまず、彼のために仕事を辞めるように勧めていきたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子ども、インフルエンザにかかる②

20170223.jpg

月曜日に病院へ行き、「インフルエンザA型」と診断された子ども。
次、いつから登園できるのか、ルールがあるようで、
発熱した日から数えて4日目、もしくはインフルエンザと診断されて6日目の、どちらか遅い日の方で再度病院へ行き、問題なければそれ以降登園可能ということでした。


というわけで、
発熱した日は日曜日でしたが、インフルエンザと診断されたのは翌日の月曜日だったため、そこからの6日目、つまり土曜日に再診することになりました。
なので、保育園へ行けるのも、会社へ行けるのも(土日休みなので)月曜日・・・
気が遠くなります。


子どもは、予防接種したおかげで本当に症状が軽く済みました。熱が出たのは、日曜日と、月曜日。
火曜日には普通の子と変わらないくらい元気いっぱいになりました。
私も私で、バカだからか全然感染することなく今に至ります。


元気になりつつあり、外へ出たがるこども。
そして私は、時給制のため、休めば休むほど給料がマイナスになるジレンマに苦しみます。仕方ないんだけど( ;∀;)
つらい一週間になりました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子ども、インフルエンザにかかる

20170222.jpg

日曜日は39度まで熱が出たものの、翌日月曜日には平熱まで下がっていた子ども。
ただの風邪だと思い、病院で診察してもらいました。


『喉がちょっと赤いだけだけど、念のためインフルエンザの検査もしましょう』と言われ、
「(大丈夫だと思うけど)はい」と答えた私。


検査の結果待ちの間も、明日には出勤できるものだと思っていろいろ考えていたところ・・


『はい、インフルエンザA型ですね』
見紛うことなく、ガッツリ「A型」にラインが付いていました。


診察前には、平熱まで下がっていた子ども。
それは予防接種していたから症状が軽かっただけで、夜にはまた熱が上がってきますよ、と言われました。


あぁ、あぁ、どうしよう。私も旦那さんもインフルエンザの予防接種受けてないや。
保育園も、仕事もいつまでやすむことになっちゃうのかしら。
いろんな意味でどうしよう。


(明日もこんな調子で続きます~)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子ども、保育園を休むことになる

20170221.jpg

今学期(4月から)、熱を出しても、だいたい週末で良くなり保育園を休むことなく皆勤賞できていた子ども。
今回日曜日に熱(39℃)を出してしまい、月曜日もまだ少し熱があったので、今期初めて保育園を休ませることになりました。


日曜日はさすがにぽーっとしていた子ども。
心配だったのですが、熱が下がり始め、病院に着く頃には平熱に。
一体何だったのか、会社も休んだのに・・元気かよ・・と思いながら、診察を受けることになりました(しばらく続きます)。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

先週の日曜日の出来事。

20170220.jpg

先週、こんな感じでした。
4歳半の子ども、まだまだ一人で眠ることはできずに、必ず誰か(私か旦那さん)を道連れにしようとします。


そんな子どもが、一人でお昼寝しました。
「やぁやぁ、子どもも成長したものだ」と夫婦で喜んでいたところ、違う違う、そうじゃ、そうじゃなぁい~(鈴◯雅◯風に)
起きたらなんだかほっぺも赤いし、熱を測ると39.1℃。
そりゃ眠いわね。。。(;´∀`)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

満員電車ムリになったっぽい

20170217.jpg

今まで何度も満員電車に乗った経験がありましたが、今回はダメでした。
もともと閉所恐怖症??なのか、「洞窟探検」とか「ダイビング」に恐怖心(なんかやだなー、くらい)を持っていました。
その、「なんかやだなー」が大きくなった感覚でした。
全く身動きが取れない状態で、空気も薄くて、しかもいつもより遅く走る電車になんかウワーとなりました。


この状態が一生続くのか、それから、このまま続いたらどうなっちゃうのか。
いつもだったら「そんなわけないじゃん」と思えるのに、それを否定できずにただただ恐怖が加速していきました。


あぁこれがうわさに聞くパニック障害なのでしょうか・・
電車が空いた後は全然平気で乗れました。
その後も特に普通の生活をしています。


でも、多分もう満員電車は乗れない気がします。今も想像するだけでウっとなります。
なんであんなに無理して電車に乗ったんだろう(;´Д`)
そもそもみんながんばりすぎだよ!!どれだけみんな大事な商談があるんだよ!!社畜かよ!!


みなさんも、無理しない生活をしてください(`・ω・´)キリッ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

風船うれしいんだけど

20170216.jpg

いろいろな場所で風船をもらう機会がありますが、最近はヘリウムガスを使わないタイプが多いのでしょうか。
子どもが家に帰ってきて、転がった風船にたくさんのホコリが付きまくります。


掃除をしろ、と姑に窓枠のホコリを指でギューっとされたような気持ちになります。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人間ドックに行ってきました。

20170215.jpg

35歳、人生初の人間ドックへ行ってきました。
午前中で終わってしまうくらいそんなに詳しい検査ではなかったのですが、いろいろ人生初の体験でした。


エコーがとにかくくすぐった痛くて時間が永遠のように感じられました。
内臓エコー、さらに乳がん検診もマンモではなくエコーを選択したのでけっこうな時間を撫でまくられました。


一番不安だったバリウム検査も、ノリの良い検査技師の指示のおかげでテンポよくいろいろなポーズを取ることに一生懸命だったので、ゲップのことを気にしている暇はありませんでした。
そのあと、洗面台へ誘導され、何気なく自分の顔を見ると、口が真っ白!!35歳・ヤマンバギャル誕生の瞬間でした。


まだ検査の結果はきていません。
体重・体脂肪・ヤマンバギャル以上の衝撃の結果がこないことだけ祈って待ちます。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

変わらない子ども

20170214.jpg

子どもを自転車に乗せるようになったのは、保育園へ入園する頃だったので、1歳7・8ヶ月の頃だったと思います。
それから、今4歳半になるまで、毎回毎回自転車から降ろすとダッシュします。
別に急いでいるわけでもなく、地面に着いた喜びなのか、ダッシュ。


子どもが生まれてからめまぐるしい成長を感じていますが、ここは唯一変わらない部分なのだろうか。
これは、親子自転車に乗り続ける限り続くのか、見ものです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

負けないぞ


今、本当にダブルのお布団が欲しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

義母の誕生日、おめでとうの話

20170210.jpg

先週、義母へ電話かけるのコワいという記事を書きました。
コメント、ありがとうございました!今回は結局電話をすることになりましたが、また次のタイミングで使ってみようと思います(∩´∀`)∩


勇気を出して、誕生日当日、電話をしてみました。
もうソッコーで「おめでとうございまーす子どもに代わりまーす(゚∀゚)」と子どもにバトンタッチし、子どもと話をしてもらい、終わった所で「ハイハイではではさよーならー(゚∀゚)」と勢いで切りました。


おかげさまで泊まりの話も出ることなく電話を切ることができました。
よかったです、みなさんオラに力をくれて本当にありがとう!!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

例えば旦那さんの地元へ行くことになったとして②(※また独り言)

20170209.jpg

すいません、独り言その②です。
私が旦那さんの地元へ行くことになったとしてどうかなぁとまとめてみようと思ったんですが、結局納得いくところまで全然いってないことは分かりました(+_+)


地元行きの話が出た時は、話し合いをちゃんとしよう。(結局それ)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

例えば旦那さんの地元へ行くことになったとして①(※独り言)

20170208.jpg

まだ決まったわけでもなんでもなく、ただの気持ちの整理を付けたくて、独り言です。


旦那さんの地元へ行くタイミングとして。
子どものことを考えると、小学校の途中で、中学校から、高校から・・転勤でもなんでもないんだから、中途半端な区切りで動くのは止めたい。
そうなると小学校へあがるときが一番いいタイミングのように思います。
(それってもうすぐじゃん!!!)


今、私たちが住んでいるところは、都会とまではいきませんが、子どもの将来について、習い事は◯◯へ行くのがいい、学校は◯◯がいい、など聞くと情報が多くてクラクラします。
旦那さんの地元の方が、情報が少ない分、振り回されずに済むのではないか。そんな期待をしてしまいます。
私自身も田舎でのんびり育ってきたので、懐かしさも感じます。


それでも今の生活はうまく情報を得られれば便利だし、生活も便利だし、環境も整っているし、単なるないものねだりなのかなー、という気持ちにもなります。


うん、やっぱりまとまらなかった(;´Д`)すいません、独り言です。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

旦那さんのストレスチェックのお話からの。

20170207.jpg

旦那さん、自分の地元へ帰りたい気持ちがずっとあるようです。
それは、自分の両親が老いた時に心配だからという気持ちが大きいように感じます。
そんなの言われたってあたしだって帰りたいよ!!と言いたくなりますが、ややこしくなるので黙ってます。


昨日の記事に書きましたが、旦那さんが会社のストレスチェックで「病院行け」という判定が出たそうです。
もともと今の会社を辞めたがっている旦那さん。
「今の会社なんてもう辞めなよ!」と言いたくなります。


でも、これをきっかけに「地元に帰る」と言い出したら・・
それとこれとは別の話になるかもしれないですが、そこのところビビってます。
旦那さんには、今の仕事を辞めて気が楽になれば何よりなのですが。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

旦那さんのストレスチェックのお話

20170206.jpg

12月くらいに、会社でストレスチェックを受けました。
うちの会社だけ行っているのではなく、国が推奨しているものだよ、とその時聞いたので、もしかしたら受けられた方もいらっしゃるのでしょうか。


質問に対して、「そう思う・あまり思わない・そう思わない」みたいな答えを選んでいくものです。
質問の内容を忘れてしまいましたが、たしか仕事に対してどんな風に思ってるのか聞かれる内容でした。
そこまで、仕事に強い不満を持っていなければ、ストレス判定に引っかかることはなさそうでした。


さて、最近私の旦那さんもそのストレスチェックを受けたようなのですが・・結果は「病院行っといで」でした。
なかなかそこまでの判定に持って行くには、答えをよっぽどネガティブにしないといけないので、旦那さんのストレスは相当なもののようです。
すごい前にこんな記事を書いたのですが、旦那さんはずっと会社の人間関係で悩んでいるようです。


どうしたもんじゃろのう。とりあえず温かいお茶でも差し出そうか。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

入社、丸12年の日に

20170203.jpg

今の会社に入社して12年経ちました。
契約社員だし、1年くらいで辞めてやろうと思っていましたが、なんだかんだで産休まで取ってここまできてしまいました。


そんな日、オカマちゃんが入社してきました。
今まで、身近にそういったタイプの人がいなかったので、どう接していいのか戸惑っています。


この12年、いろいろありました。
まだまだ20代前半だった私。
青くて自分勝手で本当に嫌なやつでした。
それが、今も青いですが結婚して、出産して、ただただひたすら体重を増やしてここまで来ました。
そんな姿を、入社したころは想像もしませんでした。(増量は特に予想外だった)


そして、12年後、同じ入社日にオカマちゃんがやってくるなんて。
時代だな。これも縁だな。
新しい13年目を踏みしめて行こうと思います。


※※後日談※※
この記事を上げる時(今日)にはすでにオカマちゃんがトンズラこきました(来なくなった)。
初日たったの1日来て、もう来なくなったオカマちゃん・・
ご縁は、なかったようです(;´・ω・)


私のせいかと思いましたが、挨拶をしたくらいの接点だったので、私が原因じゃないですよね??違いますよね??(ノД`)・゜・。
昔、友だちに「第一印象が、いじわるそうで黒魔術とかやってそうって思った」と言われたことがあり、(やったことねーよ!)地味に傷ついています。


もうオカマちゃんもいないし、この記事あげるのもどうかと思ったんですが、働いた12年のメモリアルとして記事あげます。
みなさんの職場には、どんな人たちがいるんでしょうか。
ちょこっとだけ、外から覗いてみたいです( *´艸`)
※黒髪の小太りの女がボーっと立っていたら、それは私です

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2016年10月から社会保険制度が変わって

20170202.jpg

ほんとにダメ人間なのは分かってますが、分かっているけどやめられない、キングオブダメ人間です。
去年10月から社会保険制度が変わり、扶養からはずれ、自分で年金と健康保険を払うようになりました。


パートタイマーの収入から見ると、けっこうな収入ダウンです。
何とかなるかな、と思いって同じ生活をしていましたが、赤字です。
(会社から交通費が出ない、保育園料払ってる、とかはありますけど無駄遣いも無駄遣いも無駄遣いももちろん、もちろんありますけど)


こうなると何のために働いてるのか訳が分からなくなりました(+_+)
もっと節約をがんばれる部分もあるんでしょうけど、いかんせんパートタイマーの収入から。残せるお金、生み出せるお金に限りがありすぎます。
もう2年したら、子どもは小学校へ。
それから、2人目の子どものことを諦めたわけでもないので、その分も含めたらもっとお金が必要になります。


どうしようかなぁ。
転職かなぁ。でも子連れで雇ってくれる会社はどのくらいあるのだろう。


がんばろう。霧とか食べてがんばっていきたいと思います。(゚∀゚)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

義両親の話・電話が怖いの巻

20170201.jpg

去年末くらいから、旦那さんの義両親が泊まりにきまくろうというということで、モメました。
旦那さんの両親はとにかくアクティブで、いろんな地方へ遊びに行くタイプの人たちです。
特に、私たちが住んでいるエリアでは、興味のあるイベントがたくさん催されるようで、遊びに来がてらしょっちゅう泊まりに来ます。


普段からお世話になっていますし、うちの子のおじいちゃんおばあちゃんだし、ここは喜んでおもてなしするところだというのは自分でもよく分かっています。
それでも、昔から自分の家に人が泊まりに来ることが苦手だったこと、また義両親が月一で毎回2泊とか、平日休日問わず来ようとしていたこともあり、もうほんとにストレスマックス・ダメでした。


その思いを、旦那さんへ伝え、旦那さんも両親へ伝えてもらったところ、どう伝わったのか、話がこじれて「もう来ない」という話になったようで、それから止まっています。(泊まるだけに←)


そんな微妙な関係のまま、義母の誕生日が近づいてきています。
いつも、電話をしてお祝いの気持ちを伝えています。
ただ、いつも電話をするとほぼ我が家へ泊る予定を告げられるので、もう電話するのが憂鬱で仕方ありません。


メールで済まそうかと思いましたが、「メールより電話」の義両親。ここは電話の方がよさそうです。
なんだかなぁ。阿藤快さん。出てきておくれ。(あの世から)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

はるの記録

I-♡-日和。

Que Sera, Sera 
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる